☆ 各 種 ご 案 内 ☆

トップページ  灰皿町住所録  掲示板  ブログ  詩のコーナー  和歌のコーナー  評論のコーナー  ウォール・ペーパー  リンク

イベントは、開催日順。詩賞募集関係は、締切日順。敬称略。   
掲載は、概ね2年間。同趣旨・定期開催は、新しいものに限ります。

最近の予定
2016.12.04開催  風の朗読会

私の詩集「夜桜は散り落ちて」につきましては、

   02 11Nov.2016H28

風の朗読会



冨澤守治・パーソナル・ウェブサイト


   01 05May 2005H17

詩集、取扱書店のご案内

私の詩集「夜桜は散り落ちて」を、ご近所の
 
「明屋書店(ハルヤショテン)渡瀬店」様
静岡県浜松市渡瀬町、飯田街道沿い、バス停名塚
電話:053−468−6622

に置いてもらうことになりました。ご利用いただけれ ば幸いです。


http://www.haruya.co.jp/

HPのトップから、「店舗案内」のタブ⇒「静岡」より「浜松渡瀬店」⇒「地図」
で詳しい店舗の表示が出ます。「現代詩手帖」も若干部数、置かれています。
冨澤守治・パーソナル・ウェブサイト


   29 04Apr.2004H16

私の詩集「夜桜は散り落ちて」につきましては、

多くの方々からご批評を頂きました。 私信ですので、お名前も含め、公表はできませんが、こころから感謝申しあげます。また、

「詩と思想」2004年5月号では、書評をいただきました。
原田勇男さま、ありがとうございました。


掲示板「キャフェ・京都」に少し書いて以来1年が経っていますが、最近になって 開始したこのホームページにも記録する必要を感じて掲示いたします。
また現在も、ときどき別途にご批評をいただく場合があります。重ねてみなさまにお礼を申し上げます。 (11 05May 2005H17)
冨澤守治・パーソナル・ウェブサイト

   29 04Apr.2004H16

冨澤守治『夜桜は散り落ちて』

現在、残部数が少なく、著者自身による販売は停止しています。



書名:夜桜は散り落ちて
著者:冨澤守治
装丁:冨澤富久江
発行所:ミッドナイト・プレス
発行日:2003年12月20日
定価:2000円+消費税=2,100円
発売元:星雲社

[収録詩・エッセイ]
序詞収録分:何が始まるんだろう—Poetic License— 帰郷 歌二首
本編収録分:桜の花のほとりで 祇園祭について 祇園祭 幾度なく話された夏の言葉に…愛を込めて… 八月の日記 錦の京極あたり 中秋の名月に、叶う 秋に踊る 過ぎ越しの歌 春まだき、二月—風の宿り— 夜桜は散り落ちて/風だけはまだ冬の季節に
あとがき収録:光り過ぎるもの
冨澤守治・パーソナル・ウェブサイト

ページトップ